「その日、その時」 GAUDETE 2016年12月号(本紙第30号)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 部門 / 推進本部事務局

キーワード(索引語): 

   
  「その日、その時」 GAUDETE 2016年12月号(本紙第30号)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

発行版

自由にダウンロードして利用ください。

GAUDETE_logo

ホームページ版本文

その日、その時

待降節が始まりました。待降節は最も早い年で11月27日、最も遅い年でも12月3日に始まります。今年の待降節第一主日は11月27日でしたから、最も早く始まった待降節となりました。

「待降節は二重の特徴をもっている。主の第一の来臨(受肉)の追憶と第二の来臨(終末時)の待望。この理由で、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時となる」(「典礼暦年と典礼歴に関する一般原則」39参照)

「第二の来臨の待望」、神の救いの完成の時である終末の到来に向かって生きることも、待降節の中心テーマです。

「その日、その時は、だれも知らない」(マタイ24・36)

その日がいつか人間にはわからないが、救いの時が必ずやってくるという確信は、旧約時代の人々の心に深く刻まれていました。どんな絶望的な状況にあっても、国が滅びても、異国に捕囚として連行されても、その確信が失われることはありませんでした。その希望が自分たちの世代でかなえられなくとも、次の世代に「メシア(救い主)が来る」という確信を伝え続けました。

これこそ、わたしたちにまで伝えられた「神の民」の信仰です。

「人の子は思いがけない時に来る」(マタイ24・44)

その時について人間は予測することもできないし、人間の力で早めたり遅くすることもできません。

神の計らいの前に、人間は全く無力であることを自覚し、「待ち望む」ことの重さを学ぶ待降節でありますように。「メシア(救い主)が来る」との深い確信のうちに。

♪ わたしは静かに神を待つ わたしの救いは神からくる ♪
 (「典礼聖歌」184)

Pope Francis General Audience 2014.10.15 (ローマ教皇一般謁見)・・・「終末におけるキリスト者の希望」

主な教会暦(主日を除く)

関連記事

備考



 

   
  「その日、その時」 GAUDETE 2016年12月号(本紙第30号)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

教区行事PR