宣教司牧に関する司教宣言「平和の使徒となろう」

カテゴリー(記事区分): 公文書 / 広島司教区文書 / 司教教書

キーワード(索引語): 

   
  宣教司牧に関する司教宣言「平和の使徒となろう」をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」(ヨハネ20・21)

主のご復活おめでとうございます。

復活された主イエス・キリストが、最初に弟子たちに告げられたことばを思い起こしながら、広島教区の司教として、親愛なる信徒・修道者・司祭の皆さんといっしょに、「キリストの平和を伝えるために遣わされている」ことを、新たに心に刻みたいと思います。

さて、広島教区という中国地方5県(岡山・鳥取・島根・山口・広島)の、福音宣教という尊い使命を委ねられている私たちは、新しい世紀を迎えて、2002年10月「沖に漕ぎ出せ」のテーマで『教区大会』を開き、新しい一歩を踏み出しました。

そして、2003年に『広島教区創立80周年』を祝い、2004年には、「広島教区信仰共同体」の母なる教会である『司教座聖堂「世界平和記念聖堂」の献堂50周年』、2005年『戦後・被爆60周年』を記念し、それぞれに意義深い節目を刻んできました。

この流れと動きを基礎にして、5年後、10年後の教区の姿を見据え、より明確に、具体的に方向性を定める「基本方針と優先課題」を打ち出すために、2005年11月23日『広島教区代表者会議』が開かれたのです。信徒を中心として下から築き上げたこの会議は、大いなる歓びと熱気に包まれ、希望に輝く熱い火が燃え上がりました。

この「広島教区代表者会議」とそれまでの過程から出てきた提言を受けて、私は、私たち広島教区の宣教司牧活動の基本方針を宣言します。

≪広島教区 宣教司牧活動の基本方針≫

  1. 「平和の使徒となろう」を広島教区固有の召命とし、あらゆる活動の源泉とします。
  2. 「平和」「きょうどう」「養成」を三つの柱とします。

この宣言を実施するために、私はこの宣言文のほかに、広島教区としてのさまざまな課題における具体的取り組みを別に提示します。(宣言文資料1

さらに、私は、私たち一人ひとりが三つの柱とそれぞれの課題に取り組んで、それを実行していくための『ガイドライン』(宣言文資料2)の作成を広島教区基本方針推進チームに依頼しました。これもあわせて提示しますので、教区、地区、ブロック、教会の各レベルで大いに活用して下さい。

広島教区の今年の標語は、『信仰イキイキ 新たな出発 ~わたしを遣わしてください~』です。復活の主に出会った弟子たちは「わたしたちの心は燃えていたではないか」(ルカ24・32)と確認しあい、信仰に目覚めました。あの弟子たちに与えられた福音宣教に向かう同じ信仰の恵みを祈り求め、「わたしを遣わしてください」と願いながら、希望のうちに最善を尽くしてまいりましょう。

2006年4月16日 復活の祝日
広島教区司教 ヨゼフ 三末 篤實


The Bishop’s Proclamation Concerning Evangelization ” Let Us Become Apostles of Peace.”

“Peace be with you! As the Father has sent me, so I am sending you.” ( John 20:21)

Happy Easter! Reminding the word that resurrected Our Lord Jesus Christ told his disciples, I, as the Bishop of Hiroshima Diocese, would like to newly write it in our heart that “we have been sent in order to proclaim the peace in Christ”.

We are entrusted to conduct a sublime mission of evangelization in Hiroshima Diocese covering the five prefectures in Chugoku District (Okayama, Tottori, Shimane, Yamaguchi, Hiroshima). With the opening of a new millennium, we held a diocesan assembly with the theme of “Put out in the deep.” in October 2002 and made a new step forward.

Then we commemorated “the 80th Anniversary since the Establishment of Hiroshima Diocese” in 2003. This was followed the commemoration of “the 50th Anniversary of the Dedication of ‘Memorial Cathedral for World Peace’ in 2004. The Cathedral is the mother church of Hiroshima Diocesan faithful community.

Continuing this line, we had “Hiroshima Diocesan Representatives’ Assembly” on November 23, 2005 trying to devise ‘the fundamental policy and subjects to be prioritized. The assembly organized on the initiative of the faithful culminated in great joy as well as new fervor and hope.

Accepting the proposals of “Hiroshima Diocesan Representatives’ Assembly” and in line with the past few years, I, the Bishop of Hiroshima Diocese hereby proclaim the fundamental policy of Evangelical activities of Hiroshima Diocese.

The Fundamental Policy of Evangelical Activities of Hiroshima Diocese

  1. “Let us become apostles of peace.” We proclaim this to be our vocation, proper to Hiroshima Diocese and the source of every activity.
  2. We proclaim three priorities: “Peace”, “Collaboration”, and “Formation”.

In order to implement this proclamation, I present the concrete objectives in dealing with miscellaneous subjects accumulated in Hiroshima Diocese. In addition to this, I requested three working teams to promote the policy to make the “Guidelines”( reference material No. 2 ) so that every member of us who deal with the three priorities and the respective subjects may implement them. I will also present the “Guidelines” hoping that you may be encouraged to utilize them in our diocese, the three districts, blocks, and parish churches.

The slogan of Hiroshima Diocese for2006 is “Renew our faith, and make a fresh start. Say to the Lord: Send me.” The disciples on their way to Emmaus who met the resurrected Lord reconfirmed each other saying, “Did not our hearts burn within us as he talked to us on the road and explained the scriptures to us?” Let us pray and seek for the grace of the same faith as the disciples’ heading for evangelization entrusted to us and make our utmost efforts.

Bishop of Hiroshima Diocese Atsumi Misue


『聖書 新共同訳』

(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

備考

  • 2013年3月16日 旧ホームページより転載


 

   
  宣教司牧に関する司教宣言「平和の使徒となろう」をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月16日
更新日2013年3月16日
閲覧回数1,690 Views
推進・区分司教教書
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-