世界平和記念聖堂の鳳凰像

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和 / 世界平和記念聖堂

キーワード(索引語): 
最終更新日:2013年9月9日

hooh01

世界平和記念聖堂の内陣ドームの頂には、今にも天空に飛翔するかのような鳳凰(フェニックス)の像があります。

「(鳳凰は)地球儀を模した球の上に設置された。鳳凰は、挑みかかるように羽根を半開きにして西を向き、尾羽根が刃物のように鋭く逆立って、近くでみると、相当な迫力があった。」(1)

着工当初は、十字架を載せる予定でしたが、設計者村野藤吾氏の考えで鳳凰になったそうです。記念聖堂の竣工が近づいた段階で、現場の関係者の工夫と協力により、宇治の平等院の鳳凰を参考にして高さ八尺五寸(約2.58メートル)の像が制作されました。(2)

鳳凰像によって、伝統的な西欧の教会建築にない日本的な雰囲気と風趣がただようことになりました。

鳳凰(フェニックス)は、復活の象徴でもあり、一発の原子爆弾により廃墟となった広島の街が、美しく復興し発展したことをイメージしているのでしょうか。

(1)「世界平和記念聖堂  広島にみる村野藤吾の建築」石丸紀興、相模書房、166頁

(2)同上 148頁、149頁

「鳳凰」

古来中国で、麒麟・亀・竜と共に四瑞として尊ばれた想像上の瑞鳥。形は前は麒麟、後は鹿、頸は蛇、尾は魚、背は亀、顎は燕、嘴は鶏に似、五色絢爛、声は五音にあたり、梧桐に宿り、竹実を食い、れい泉を飲むといい、聖徳の天子の兆として現れると伝え、雄を鳳、雌を凰という。(新村 出編「広辞苑」第五版 岩波書店)

「フェニックス」

エジプトの伝説的な霊鳥。アラビアの砂漠にすみ、五百年生きると、その巣に火をつけて焼け死んだのち、生れ変るという。不死永生の象徴。( 同上 )

Phoenix

mythical bird which, after living hundreds of years in the Arabian desert, burnt itself on a funeral pile and rose from the ashes young again, to live for another cycle.(THE ADVANCED LEARNER’S DICTIONARY OF CURRENT ENGLISH, KAITAKUSYA)

その他の写真

mcwp_20130612-128 mcwp_20130612-129 mcwp_20130612-130

備考

  • 2013年3月30日 旧ホームページより転載
  • この聖堂案内は、「ヒロシマの鐘」に過去掲載された記事です

このページにある写真・イラストの使用(他媒体含む転載・改変・配布・利用等)は下記の範囲のみ許可します

by-nc-sa
  • 表示・・・著作権者名の表示をしてください
  • 非営利・・・非営利の場合のみ使用できます
  • 継承・・・改変等した場合は、付与するライセンスを「表示・非営利・継承」のみで継承しなければなりません

著作権者名はいずれかの表記をお願いします。「カトリック広島司教区」,「平和の使徒推進本部」又は「カトリック広島司教区平和の使徒推進本部」

なお、著作権名(「平和の使徒推進本部」等以外)が表示してあるものはそのまま継承してください。


 

   
  世界平和記念聖堂の鳳凰像をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月30日
更新日2013年9月9日
閲覧回数3,601 Views
推進・区分世界平和記念聖堂
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-