世界平和記念聖堂の中央通路マンホール「信・望・愛」

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和 / 世界平和記念聖堂

キーワード(索引語): 
最終更新日:2013年3月30日

cathedral_20080726-043

世界平和記念聖堂の中央通路に、「信」「望」「愛」の文字が浮き彫りにされている三枚の円形の金属板があります。

中央通路の下には、ダクトが通っており、その改め口として三つのマンホールが設けられ、聖堂入口に近い方からそれぞれに「信」「望」「愛」の文字が刻まれています。

字は、世界平和記念聖堂建設のために東奔西走された教区長アロイジオ荻原晃神父によるものです。



cathedral_20080726-044

古典的様式を保つ伝統的な聖堂には、天井にF ides(信仰)、S pes(希望)、C aritas(愛)の文字が記されていることがあり、時には擬人化されたり豊かな装飾がほどこされたりしています。

世界平和記念聖堂では、人々の魂を祭壇へと導いていく通路に描かれているのはとても意義深いことです。

信仰と希望と愛は対神徳といわれます。



cathedral_20080726-046

「対神徳はキリスト者の倫理的生活の土台であり、源であり、これを特徴づけるものです。あらゆる倫理徳に生気を与え、活気づけます。神の子供としてふるまい、永遠のいのちに値する行為をすることができるように、信者の心に神から注がれたものです。それは、人間の諸能力のうちに聖霊がともにおり、働いておられるという保証です。

信仰は対神徳です。この信仰の徳によってわたしたちは、神と、神がわたしたちに語られ啓示されたこと、また教会が信じなければいけないこととして教えるすべてのことを信じます。神は真理そのものだからです。

希望は対神徳です。この希望によってわたしたちは、キリストの約束に信頼し、自分の力ではなく聖霊の恵みの助けに寄り頼みながら、わたしたちに幸せをもたらしてくれる天の国と永遠のいのちとを待ち望みます。

愛は対神徳です。この愛徳によってわたしたちは、すべてに超えて神をご自身のゆえに愛し、神への愛のゆえに隣人を自分自身と同じように愛します。」
(「カトリック教会のカテキズム」カトリック中央協議会、545~547頁)

信仰、希望、愛は、キリスト者にとってだけではなく、あらゆる人にとって、人生を誠実に喜びのうちに生きていくためになくてはならない大切な宝です。

備考

  • 2013年3月30日 旧ホームページより転載
  • この聖堂案内は、「ヒロシマの鐘」に過去掲載された記事です


 

   
  世界平和記念聖堂の中央通路マンホール「信・望・愛」をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月30日
更新日2013年3月30日
閲覧回数2,592 Views
推進・区分世界平和記念聖堂
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-