2009年教区年間テーマ、サブテーマについて

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 広島教区年間テーマ関係

キーワード(索引語): 
最終更新日:2013年3月15日

年間テーマ

「平和の使徒となろう」

年間サブテーマ

和解をもたらす「新しい人」に

説明

2008年12月14日の広島司教区宣教司牧評議会で、2009年の教区年間テーマ、サブテーマが話し合われ、「平和の使徒となろう」~和解をもたらす「新しい人」に~が決定された。

2008年は、11月24日に長崎で行われた「ペトロ岐部と百八十七殉教者列幅式」に向け、広島教区民一人ひとりがキリストの証し人として、「今、何をすべきか」と問われた一年であった。

その流れを受けて2009年は、パウロ年と福者誕生の恵みを感謝する心を具体的に表現する年として副題(サブテーマ)が掲げられた。

転載:カトリック広島教区報 75号 (2008年12月25日発行)

備考

  • 2013年3月15日 旧ホームページより転載


 

   
  2009年教区年間テーマ、サブテーマについてをはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月15日
更新日2013年3月15日
閲覧回数1,226 Views
推進・区分広島教区年間テーマ関係
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-