連載⑫「今、殉教を生きるとは?」

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 広島教区年間テーマ関係

キーワード(索引語): 
最終更新日:2017年2月1日

殉教・殉教者とは ~イエスのことば~

『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、あなたがたはこれらのことの証人となる。

ルカ24・46-48

今まで殉教者を見て参りましたが、さて「殉教」とはどういうことでしょうか。殉教者たちが命を捧げた主イエス・キリストご自身のことばによって考えてみようと思います。

いよいよご自分の後継者(弟子)達を福音宣教に派遣するときの言葉です。

(ルカ24章48節)この中で特に「証人(あかしびと)」という言葉(これはマルチレス(ギリシャ語)の訳です。)があります。

イエス・キリストは『皆全世界に行って福音を述べ伝えなさい、そして私の証人・私の信仰を証しする人となりなさい。』と言う言葉を伝えています。

わたしのために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。引き渡されたときは、何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる。 

マタイ10・18-19

わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、私に従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。 

マルコ8・34-36

最初の教会の人達は信仰を証しするために、皆、証人(あかしびと)として命を投げ出します。それが現在言われている「殉教」です。

つまり、はじめ、証人と言う言葉だったのが、命を賭けて究極の状態の中で信仰を証しする事が命を捧げる(死んでいく)ということで、マルチレス(証人)と言う言葉が「殉教」の意味になりました。

ギリシャ語からラテン語・ポルトガル語・スペイン語を経て、キリシタン時代の人達はマルチルとかマルチリオとか言っていました。

元々は証人(証しする人)という意味です。

イエスは弟子達に『私の証人になりなさい。』と言っており、使徒言行録にも出てきます。

最初の教会の人達が信仰を証しする、ペトロの話の中にも出てきます。

イエス・キリストの言葉だと、(これは12人の使徒達を宣教に派遣する場面ですが、)『私の為に総督や王の前に引き出されて証しすることとなる。その為にあなた達は苦しむこととなろう。』

命を賭けて証しする、これが名詞マルチリオン、キリシタン時代のマルチリオとなっていきます。

そして、イエスの為福音の為命を失う、たとえ全世界を手に入れてもイエス・キリストの復活を証しする、この世の命よりも信仰を大切にする、そのことの方が大切なんだ、ということがイエス・キリストの言葉にもあります。

一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。 

ヨハネ12・24-25

義のために迫害される人々は、幸いである、
天の国はその人たちのものである。
わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。 

マタイ5・10-12

「一粒の麦、地に落ちて死ねば多くの実を結ぶ」と言う言葉がありますが、(それに倣って殉教者達は)命よりももっと大切なものに賭けました。

マタイの山上の説教には『私のためにののしられ、迫害され、………その人は幸せだ。』(5章11節)とイエスの言葉が書いてあります。

備考



 

   
  連載⑫「今、殉教を生きるとは?」をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月15日
更新日2017年2月1日
閲覧回数1,563 Views
推進・区分広島教区年間テーマ関係
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-