四旬節第1主日

   
  四旬節第1主日をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

主日A年

第一朗読:創世記 2・7-9;3・1-7

第二朗読:ローマの信徒への手紙 5・12-19

福音朗読:マタイ福音書 4・1-11

誘惑を受ける

Painted by K.Yamaguchi
Painted by K.Yamaguchi

さて、イエスは悪魔から誘惑を受けるため、”霊”に導かれて荒れ野に行かれた。そして四十日間、昼も夜も断食した後、空腹を覚えられた。すると、誘惑する者が来て、イエスに言った。「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」イエスはお答えになった。

「『人はパンだけで生きるものではない。

神の口から出る一つ一つのことばで生きる』

と書いてある。」次に、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて、言った。

「神の子なら、飛び降りたらどうだ。

『神があなたのために天使たちにめいじると、

あなたの足が石に打ち当たることのないように、

天使たちは手であなたを支える』

と書いてある。」イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』とも書いてある」と言われた。更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。すると、イエスは言われた。「退け、サタン。

『あなたの神である主を拝み、

ただ主に仕えよ』

と書いてある。」そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエスに仕えた。

gospel_of_matthew

※主日の福音朗読箇所に指定されている章節を含む、見出しで括られた箇所を掲載している。

主日B年

第一朗読:創世記 9・8-15

第二朗読:ペトロの手紙一 3・18-22

福音朗読:マルコ福音書 1・12-15

12-13 誘惑を受ける

Painted by K.Yamaguchi
Painted by K.Yamaguchi

それから、”霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。

14-15 ガリラヤで伝道を始める

ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。

※主日の福音朗読箇所に指定されている章節を含む、見出しで括られた箇所を掲載している。

主日C年

第一朗読:申命記26・4-10

第二朗読:ローマの信徒への手紙10・8-13

福音朗読:ルカ福音書4・1-13

1-13

さて、イエスは聖霊に満ちて、ヨルダン川からお帰りになった。そして、荒れ野の中を“霊”によって引き回され、四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。その間、何も食べず、その期間が終わると空腹を覚えられた。そこで、悪魔はイエスに言った。「神の子なら、この石にパンになるように命じたどうだ。」イエスは、「『人はパンだけで生きるものはない』と書いてある」とお答えになった。更に、悪魔はイエスを高く引き上げ、一瞬のうちに世界のすべての国々を見せた。そして悪魔は言った。「この国々一切の権力と繁栄とを与えよう。それはわたしに任されていて、これと思う人に与えることができるからだ。だから、もしわたしを拝むなら、みんなあなたのものになる。」イエスはお答えになった。

「『あなたの神である主を拝み

ただ主に仕えよ』

と書いてある。」そこで、悪魔はイエスをエルサレムに連れて行き、神殿の屋根の端に立たせて言った。「神の子なら、ここから飛び降りたらどうだ。というのは、こう書いてあるからだ。

『神はあなたのために天使たちに命じて、

あなたをしっかり守らせる。』

また、

『あなたの足が石に打ち当たることのないように、

天使たちは手であなたを支える。』」

イエスは、「『あなたの神である主を試してはならない』と言われている」とお答えになった。悪魔はあらゆる誘惑を終えて、時が来るまでイエスを離れた。

※主日の福音朗読箇所に指定されている章節を含む、見出しで括られた箇所を掲載している。

教会公文書

典礼暦年に関する一般原則および一般ローマ歴

  1. 四旬節は、復活の祭儀を準備するために設けられている。四旬節の典礼によって、洗礼志願者はキリスト教入信の諸段階を通して、また、信者はすでに受けた洗礼の記念と償いのわざを通して、過越の神秘の祭儀に備えるのである。
  2. 四旬節は、灰の水曜日に始まり、主の晩さんの夕べのミサの前まで続く。
    四旬節の初めから復活徹夜祭まで「アレルヤ」は唱えない。
  1. 四旬節の主日は、四旬節第1、第2、第3、第4、第5主日呼ぶ。
    聖週間の始まる第6の主日は、「受難の主日(枝の主日)」という。

典礼日の優先順位表

(2)四旬節の主日

広島司教区

ローマ教皇

ベネディクト16世

カトリック中央協議会

フランシスコ

Twitter

備考



   
  四旬節第1主日をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報
掲載日2013年8月30日
更新日2017年3月5日
閲覧回数1,029 Views
編集者web管理者