漂流アメリカ兵上陸地 大谷海岸(島根県益田市)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和

キーワード(索引語): 
最終更新日:2015年11月9日

概要

  • 時代:太平洋戦争
  • 場所:島根県益田市
  • 最寄りの教会:益田教会

訪問記

説明文

1945年(昭和20年)8月14日9時ころ、高島付近を漂流していたアメリカ兵10人が、大谷港から出漁した漁船団に救助され、この地に上陸した。2005年(平成17年)8月14日、救助されたアメリカ兵の中で、ただ一人の生存者マーティン・ザップ氏(79歳)が60年ぶりに当地に来られ、地元の人達と往時を回顧された。救助されたアメリカ兵達は北九州工業地帯を爆撃のため、8月8日マリアナ諸島テニアン基地から飛び立ったB29爆撃機の乗組員で、日本側の迎撃にあい、壱岐の辺りに墜落した。ゴムボートで漂流六日目の事であったと言う。まさに終戦前夜の出来事であり、ここ大谷は不安と興奮の坩堝と化した一夜であったと、当時を知る人々は語り伝えている。

鎌手地区連合自治会

山陰道鎌手保存会

写真

1158_web

1160_web

1166_web

地図

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zrZnexqb8whQ.kslRzuyKdQOM&usp=sharing

関連記事



 

   
  漂流アメリカ兵上陸地 大谷海岸(島根県益田市)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2015年8月30日
更新日2015年11月9日
閲覧回数864 Views
推進・区分第1の柱:平和
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-