1605 (カトリック教会のカテキズム-第2編第2部教会の七つの秘跡,2014年11月27日掲載)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和

キーワード(索引語): 

   
  1605 (カトリック教会のカテキズム-第2編第2部教会の七つの秘跡,2014年11月27日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

公文書本文

1605 (第2編キリスト教の神秘を祝う 第2部教会の七つの秘跡 第3章交わりをはぐくむための秘跡 第7項結婚の秘跡 1 神の計画における結婚 創造の秩序における結婚 p.487)

聖書が明言するとおり、男と女は相互のために造られています。「人がひとりでいるのはよくない」(創世記2・18)。女は男にとって「その肉の肉」、すなわち、同等の人、もっとも近い者であって、わたしたちの助けの源である神を表す「助ける者」として、神から与えられているのです。「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」(創世記2・24)。これは男女二人の生活の永続的な結合を意味していることをキリスト自らが示され、「だから、二人はもはや別々でなく、一体である」(マタイ19・6)ということばで、創造主の「初めから」の計画を想起させておられます。

出典(転載)元

カトリック教会のカテキズム_web

備考

関連記事

著作権情報

著作権物使用許諾

  • カトリック中央協議会(中央協著承PB第2014-9号)(2014年5月27日付)

注意・禁止事項等

  • 当ページの記事の転載を禁じます(リンクすることは可能です)
  • 記事転載を希望の方は、著作権者である「カトリック中央協議会」に著作権物使用許諾申請してください
  • 教会公文書の自己解釈は誤用につながりますので、聖職者やカテキスタに尋ねてみてください
  • 教会公文書の一部を紹介しています。全文は公文書書籍で確認ください


 

   
  1605 (カトリック教会のカテキズム-第2編第2部教会の七つの秘跡,2014年11月27日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る