11月10日 聖レオ一世教皇教会博士(義務の記念日・白)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第2の柱:きょうどう / 典礼暦

キーワード(索引語): 
最終更新日:2014年11月10日

聖レオ一世教皇教会博士 (Saint Leo the Great, pope and doctor)

Herrera_mozo_San_León_magno_Lienzo._Óvalo._164_x_105_cm._Museo_del_Prado

イタリア中部のトスカナ地方に生まれた。四四〇年に教皇に選ばれ、よい牧者として、また信者たちの救霊のために尽くす父として活躍した。あらゆる手を尽くしてキリスト教の正しい教義を養護し、教会の一致を保つために熱心に努めた。民族大移動で襲ってくる諸部族の侵入をできるかぎり防ぎ、あるいは、少なくともそれを和らげるために力を注いだ。その功績から「大レオ」と呼ばれている。四六一年に死去。

出典(転載)元

著作権物使用許諾

  • カトリック中央協議会(中央協著承PB第2013-4号)(2013年5月13日付)

禁止事項等

  • 当ページの記事の転載を禁じます(リンクすることは可能です)
  • 記事転載を希望の方は、著作権者である「カトリック中央協議会」に著作権物使用許諾申請してください

関連記事

募集中

このページにある写真のライセンスは

pd.large


 

   
  11月10日 聖レオ一世教皇教会博士(義務の記念日・白)をはてなブックマークに追加     LINEで送る