2014年07月20日 年間第16主日(マタイ福音書 13・24-43)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第2の柱:きょうどう / 典礼暦 / 主日・移動暦日

キーワード(索引語): 

聖書朗読箇所

第一朗読:知恵の書 12・13,16-19

第二朗読:ローマの信徒への手紙 8・26-27

福音朗読:マタイ福音書 13・24-43

Painted by C.Iio
Painted by C.Iio

24-30 「毒麦」のたとえ

イエスは、別のたとえを持ち出して言われた。「天の国は次のようにたとえられる。ある人が良い種を畑に蒔いた。人々が眠っている間に、敵が来て、麦の中に毒麦を蒔いて行った。芽が出て、実ってみると、毒麦も現れた。僕たちが主人のところに来て言った。『だんなさま、畑には良い種をお蒔きになったではありませんか。どこから毒麦が入ったのでしょう。』主人は、『敵の仕業だ』と言った。そこで、僕たちが、『では、行って抜き集めておきましょうか』と言うと、主人は言った。『いや、毒麦を集めるとき、麦まで一緒に抜くかもしれない。刈り入れるまで、両方とも育つままにしておきなさい。刈り入れの時、「まず毒麦を集め、焼くために束にし、麦の方は集めて倉に入れなさい」と、刈り取る者に言いつけよう。』」

31-33 「からし種」と「パン種」のたとえ

イエスは、別のたとえを持ち出して、彼らに言われた。「天の国はからし種に似ている。人がこれを取って畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣を作るほどの木になる。」

また、別のたとえをお話になった。「天の国はパン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。」

34-35 たとえを用いて語る

イエスはこれらのことをみな、たとえを用いて群衆に語られ、たとえを用いないでは何も語られなかった。それは、預言者を通していわれていたことが実現するためであった。

「わたしは口を開いてたとえを用い、

天地創造の時から隠されていたことを告げる。」

36-43 「毒麦」のたとえの説明

それから、イエスは群衆を後に残して家にお入りなった。すると、弟子たちがそばに寄って来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください」と言った。イエスはお答えになった。「良い種を蒔く者は人の子、畑は世界、良い種は御国の子ら、毒麦は悪い者の子らである。毒麦を蒔いた敵は悪魔、刈り入れは世の終わりのことで、刈り入れる者は天使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終わりにもそうなるのだ。人の子は天使たちを遣わし、つまずきとなるものすべてと不法を行う者どもを自分の国から集めさせ、燃え盛る炉の中に投げ込ませるのである。彼らは、そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。そのとき、正しい人々はその父の国で太陽のように輝く。耳のある者は聞きなさい。」

 

※主日の福音朗読箇所に指定されている章節を含む、見出しで括られた箇所を掲載している。

関連記事

ミサの準備や黙想などに活用ください。

募集中


『聖書 新共同訳』

(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988


 

   
  2014年07月20日 年間第16主日(マタイ福音書 13・24-43)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2014年7月19日
更新日2014年7月23日
閲覧回数875 Views
推進・区分主日・移動暦日
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-