11月02日 死者の日(白紫黒)

All Souls

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第2の柱:きょうどう / 典礼暦

キーワード(索引語): 
最終更新日:2014年10月31日

死者の日 (Commemoration of All the Faithful Departed (All Souls))

William-Adolphe_Bouguereau_(1825-1905)_-_The_Day_of_the_Dead_(1859)

諸聖人の祭日の翌日にすべての死者を記念する習慣は、九九八年にクリュニー修道院のオディロンによって始められ、クリュニーの修道士たちの影響によって十一世紀には広く行われるようになった。ローマ教会には一三一一年の暦に初めて記されているが、それ以前からローマでもこの記念が行われていたと思われる。

出典(転載)元

著作権物使用許諾

  • カトリック中央協議会(中央協著承PB第2013-4号)(2013年5月13日付)

禁止事項等

  • 当ページの記事の転載を禁じます(リンクすることは可能です)
  • 記事転載を希望の方は、著作権者である「カトリック中央協議会」に著作権物使用許諾申請してください

関連記事

募集中

このページにある写真のライセンスは

pd.large


 

文書(ページ)情報

掲載日2013年11月1日
更新日2014年10月31日
閲覧回数1,928 Views
推進・区分典礼暦
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事