すべてのいのちを守るための月間~社会へのチャレンジ「環境」に関する講話(講師:成井大介司教(新潟教区長))

カテゴリー(記事区分): 動画 / 録画

キーワード(索引語): 
最終更新日:2021年9月5日

平和の使徒推進本部(社会司牧デスク)が企画した映像「すべてのいのちを守るための月間~社会へのチャレンジ「環境」に関する講話(講師:成井大介司教(新潟教区長))」を紹介します。

公開は、2021年09月05日12:00からです。

※携帯電話、スマートホンやタブレットでの視聴は通信環境に注意してください。Wi-Fi以外の環境では通信料金がかかることがあります。ご注意ください。

講話(YouTubeチャンネルにはチャプターを付けています。ご利用ください。)

案内文

+主の平和

9月1日から10月4日までの「すべてのいのちを守るための月間」にあたり、平和の使徒推進本部より、広島教区として掲げている年間テーマ「社会へのチャレンジ『環境』」について考え、祈り、行動につなげていくことができるような講話を準備いたしました。

今回、お話をしてくださるのは、新潟教区の成井大介司教様です。成井司教様はローマの神言会本部で、正義と平和と環境に関する宣教活動の調整をする仕事をなさっていました。お話の中で、教会がなぜ環境問題に取り組むのか、そして回勅「ラウダート・シ」に関する世界での取り組みについて話され、日本にいるわたしたちにもできることについて考えるように促されています。個人での考察にも、グループでの分かち合いにも適したお話です。

この講話は平和の使徒推進本部のYouTubeにて公開いたしますので、ぜひご覧ください。貸出用DVDも用意いたしますので、お問い合わせください。そして、皆様からのご感想、取り組みのアイデアなども歓迎いたします。

現在、ミサが非公開となっており教会で集うことが難しい状況ですが、まず一人ひとりの中で深め、また集まることができた際に、お互いに分かち合う材料となりましたら幸いです。

平和の使徒推進本部長 瀧井英昭神父

関連記事

2020-2022年度「社会へのチャレンジ」

備考

この記事は

「平和の使徒となろう」ガイドライン項目「第2の柱:きょうどう-3.各教会、組織、グループを超えた交流を深め、情報の共有化をはかる」に基づいて提供しています。

募集中



 

文書(ページ)情報

掲載日2021年9月4日
更新日2021年9月5日
閲覧回数455 Views
推進・区分録画
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事