一日の推進記事のまとめ(2018-09-07)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 本部推進事項 / 推進事項集

キーワード(索引語): 
最終更新日:2018年9月7日

  • (定期広報)世界平和記念聖堂外観ライブ映像(音声なし)を配信しています。
    興味のある方はどうぞ、ご覧ください。
    https://t.co/CVX0wDqDYQ
    #世界平和記念聖堂 #mcwp #Catholic #hiroshima #平和の使徒 00:33:31
  • (定期広報)(戦争の)じゅんびがととのうということは戦争開始が可能だということを意味し、されにそれは、あるとき、どこかで、なんらかの形で、だれかが世界破壊の恐るべきメカニズムを発動させるという危険を冒すということです。
    (平和アピールより) 01:33:33
  • (定期広報)平和の使徒推進本部では、主な典礼の写真を提供していただける広島教区民の使徒(奉仕者)を常時募集しています。
    提供していただける方は募集要項に従って応募してください。
    https://t.co/Rpc8MbhdqU
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 02:33:35
  • (定期広報)神よ、わたしの声を聞いてください。
    それは人々が武器と戦争に信頼をおくとき、いの一番に犠牲者として苦しみ、また苦しむであろうすべての子供たちの声だからです。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 03:33:36
  • (定期広報)「父である神よ、あなたは広島教区民の私たちを、主イエスがもたらされた平和の福音を伝えるために、特別に召しだしてくださいました。」
    「私たち一人ひとりが、私に与えられている恵みの力を活かしながら、主においてひとつにとなり、福音宣教に邁進することができますように。」 04:33:38
  • (定期広報)日本国憲法第9条(戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認)
    ②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
    https://t.co/K1rPtIwSZf
    #憲法 #Catholic #hiroshima #平和の使徒 05:33:40
  • (定期広報)神よ、わたしの声を聞いてください。
    わたしたちがいつも憎しみには愛、不正には正義への全き献身、貧困には自分を分かち合い、戦争には平和をもってこたえることができるよう、英知と勇気をお与えください。
    (平和アピールより) 06:33:41
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU

     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 07:00:56

  • (定期広報)広島教区10年間の宣教司牧テーマ
    チャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~
     2014年~16年  家庭へのチャレンジ
     2017年~19年  教会へのチャレンジ
     2020年~22年  社会へのチャレンジ
     2023年      わたしの召命とあかし 07:33:44
  • (定期広報)広島教区優先課題は①召命促進②青少年育成③教区カテキズム作成④津和野殉教者列聖です。
    https://t.co/uBXSIOozsi
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 08:33:48
  • (定期広報)過去をふり返ることは将来に対する責任を担うことです。1945年8月6日のことをここで語るのは、われわれがいだく「現代の課題」の意味を、よりよく理解したいからです。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 09:33:50
  • (定期広報)広島教区では、教区内の全教会を巡礼することを奨励しています。巡礼したことが証明できるスタンプ帳もあります。全教会巡礼者には認定証を発行・表彰しています。
    https://t.co/wt5Y2wtxy0
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 11:33:54
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU
     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 12:00:12

  • (定期広報)戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。この広島の町、この平和記念堂ほど強烈に、この心理を世界に訴えている場所はほかにありません。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 12:33:57
  • (定期広報)平和祈念碑を造ることにより、広島市と日本国民は、「自分たちは平和な世界を希求し、人間は戦争もできるが、平和を打ち立てることもできるのだ」という信念を力強く表明しました。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 13:33:59
  • (定期広報)わたしたちも、毎日が、人を仕合わせにするサンタクロースであり、神が共に居る喜びを分かち合うクリスマス共同体でなければならないのです。世界平和記念聖堂から平和が説かれ、広まっていってほしいものです。
    (司教メッセージよ… https://t.co/CdV91B6bqY 15:34:02
  • (定期広報)正義のもとでの平和を誓おうではありませんか。
    今、この時点で、紛争解決の手段としての戦争は、許されるべきではないというかたい決意をしようではありませんか。
    人類同胞に向かって、軍備縮小とすべての核兵器の破棄とを約束しようではありませんか。
    (平和アピールより) 16:34:05
  • (定期広報)(戦争の)じゅんびがととのうということは戦争開始が可能だということを意味し、されにそれは、あるとき、どこかで、なんらかの形で、だれかが世界破壊の恐るべきメカニズムを発動させるという危険を冒すということです。
    (平和アピールより) 17:34:07
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU

     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂 #Catholic #hiroshima #平和の使徒 18:00:04

  • (定期広報)
    わたしたち広島教区は、昨年(2013年)、90周年を祝い、100周年に向かって、具体的な目標をたてました。平和をベースに、召命促進・青少年育成(教区予備神学校設立、教区共通教理書作成)、列福列聖(信仰高揚)です。
    (司教メッセージより) 18:34:11
  • (定期広報)目標は、常に平和でなければなりません。すべてをさしおいて、平和が追求され、平和が保持されねばなりません。過去の過ち、暴力と破壊とに満ちた過去の過ちを、繰り返してはなりません。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 19:34:13
  • (定期広報)この地上の生命を尊ぶ者は、政府や、経済・社会の指導者たちが下す各種の決定が、自己の利益という狭い観点からではなく、「平和のために何が必要かが考慮してなされる」よう、要請しなくてはなりません。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 20:34:15
  • (定期広報)宣教司牧活動ガイドライン 2007年度版
    第1の柱:平和「主の平和の働き手となろう」
    2(教区レベルの提案) 「平和の使徒推進室」を「平和推進チーム」として充実させ、憲法第9条等についての平和活動を集約する。

    https://t.co/4KmHo66ER9 21:34:17

  • (定期広報)これらの、平和行事で共通して言えることは、何といっても、「戦争は絶対にしてはいけない。武器を持ってはいけない。赦しと和解を!」ということではないでしょうか。
    (司教メッセージ「安らかに繰返さぬと終戦日」より)
    https://t.co/jojJgUTtNU 22:34:19
  • (定期広報)平和の使徒推進本部からのお知らせは、ホームページを含め、各種SNSを利用して発信しています。
    ご自身にあった情報ツールで情報を受信することができます。
    https://t.co/DA5SEMPm1B
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 23:34:20
  • 【新着記事】一日の推進記事のまとめ(2018-09-06) – https://t.co/MPhG369iAy

    #推進事項集 23:59:51



 

   
  一日の推進記事のまとめ(2018-09-07)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2018年9月7日
更新日2018年9月7日
閲覧回数73 Views
推進・区分推進事項集
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-