「お袋、俺、元気。」 GAUDETE 2016年10月号(本紙第28号)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 部門 / 推進本部事務局

キーワード(索引語): 

   
  「お袋、俺、元気。」 GAUDETE 2016年10月号(本紙第28号)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

発行版

自由にダウンロードして利用ください。

GAUDETE_logo

ホームページ版本文

お袋、俺、元気。

10月はロザリオの月です。10月7日(金)には、ロザリオの聖母の記念日を祝います。

今年の7月に永眠した永六輔さん夫妻の新婚旅行に、あの「寅さん」の渥美清さんがわるびれた様子もなくついて来たそうです。

旅先から必ず葉書を出す習慣がある永六輔さんは、その新婚旅行中にも毎日、葉書を書き続けました。

ある日、葉書を書き始めた永六輔さんの横に座った渥美清さんが、「一枚、くれない?」と言いました。

「どうぞ、どうぞ」と永六輔さんは、渥美清さんに新しい葉書を渡しました。

それから毎日、渥美清さんは、葉書を書き、永六輔さんが切手を渡すとそれを貼って出していました。

永六輔さん夫妻は、好奇心にかられ堪りかねて盗み見しました。

そしたら、「お袋、俺、元気。」

たったそれだけだったと。毎日、毎日。

永六輔さんは「あー、渥美清だなって感じました。母親が一番欲しい情報を、簡潔に伝える。」と書いています。渥美清さんは子どもの頃から病弱で、お母さんに苦労をかけていたのだそうです。

ロザリオの月。度々、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えます。

「神の母聖マリア、わたしたち罪びとのために、今も、死を迎える時も、お祈りください。」と繰り返し祈ります。

いつも、ただ「お祈りください」と願うだけではなく、わたしたちの母である聖母マリアに、感謝のメッセージを送りましょう。

「お袋、俺、元気。」

※永六輔さんと渥美清さんのエピソードは、「永六輔の伝言 矢崎泰久編(集英社文庫)」から

いつくしみの母・・・教皇フランシスコのいつくしみの特別聖年の大勅書「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔」(第24項前段・中段抜粋)

主な教会暦(主日を除く)

関連記事

備考



 

   
  「お袋、俺、元気。」 GAUDETE 2016年10月号(本紙第28号)をはてなブックマークに追加     LINEで送る