「イエス・キリストの復活 ~喜びと希望の源泉~」GAUDETE(推進本部だより)2015年04月号(本紙第10号)(2015年04月04日掲載)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 部門 / 推進本部事務局

キーワード(索引語): 
最終更新日:2015年8月29日

発行版

自由にダウンロードして利用ください。

GAUDETE_logo

ホームページ版本文

イエス・キリストの復活 ~喜びと希望の源泉~

「福音の喜びは、イエスに出会う人々の心と生活全体を満たします」

教皇フランシスコの使徒的勧告「福音の喜び」のタイトルでもある冒頭のことばです。

「福音を宣教する者はつねに、弔いのときのような顔をしていてはなりません」※1と教皇は呼びかけています。

「喜び」こそキリスト者の本質であり、「喜び」の根源は、十字架に磔られて死んだイエス・キリストの復活にあります。

今年の復活祭を祝ったわたしたちの「生活全体」を、復活したイエスが「喜び」で満たしてくださいますように!

「イエスの復活は、過去の出来事ではありません。それは、世界を貫いたいのちの力を帯びています。すべてが死んだかのように思われるところにはどこにでも、復活は再び芽生えるのです。この力を止めることはできません。しばしば、神はいないかのように思われることが確かにあります。不正も悪意も無関心も、残酷な行為も減ることはなく、わたしたちはそれを目にしています。しかし、闇のただ中にあっても、新しい何かが必ず芽生え始め、ついには実りをもたらすことも確かなことです」※2

「週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして墓から石が取りのけてあるのを見た」(ヨハネによる福音書20章1節)

わたしたちの人生のすべてが終わったように思われるような時、あらゆる希望が消え失せて墓石で封印されたと感じるような時、実は、いのちの新しい復活の芽生えが始まり、豊かな実りの約束のしるしが誕生していることを信じることができますように!

※1・・・教皇フランシスコ使徒的勧告「福音の喜び」 10

※2・・・教皇フランシスコ使徒的勧告「福音の喜び」 276

ローマ教皇のつぶやき

主の復活の喜びあふれるこの時期、ローマ教皇のつぶやきをかみしめてみましょう。(邦訳:カトリック中央協議会)

関連記事


©SajoR 2013


 

文書(ページ)情報

掲載日2015年4月4日
更新日2015年8月29日
閲覧回数1,083 Views
推進・区分推進本部事務局
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事