世界平和記念聖堂の被爆した十字架

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和 / 世界平和記念聖堂

キーワード(索引語): 

   
  世界平和記念聖堂の被爆した十字架をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

「そして、八月六日がやって来た。美しい朝であった。空には一点の雲もない。・・・・・・・

八時少し過ぎ、またプロペラの音が聴えてきたけれども、警報は鳴らなかった。私は飛行機の様子が見たくて、階下に降りて外へ出ようと思い、立ちあがった。机の傍に立って、部屋を出ようとした瞬間は、ちょうど八時十五分であった。

この瞬間、まったく突如、不思議な光りが家の内と外で光った。それは稲妻にもたとえられるが、実はまったく同じものではない。わたしも稲光りとは思わなかった。しかも、その朝は雷の来るような大気現象でもなかった。私には一体何だろうと、瞬間的に自問するだけの時間があった。一秒ぐらいのものであった。

次の瞬間は、説明するのがむつかしい。

建物全体が、大音響と共に崩壊してゆくようであった。たちまち部屋は真暗になった。光線は音波よりも速く、爆発音が聞こえる以前に、すでにその効果は届いていたのである。暗闇は決して光線のために眼がくらんだのではなく、周囲に落下してきたものの埃のために、視野が遮られたか、あるいは爆発の煙のためかとも考えられる。窓・ガラス・枠・壁・天井・家具など、それこそ建物の骨格以外のすべてが、衝撃で壊れ、大半が崩壊した。

・・・・・・・

私は生命は助かったが、全身血まみれの負傷をしていた。周囲を見まわしたが、なお薄暗くて、何一つ見えない。聖堂も見えない。しばらくして塵埃がおさまり、明るさを取りもどしてみると、聖堂は完全に地上に叩きつけられていた。この建物は付近の民家と同様の建て方であったから、ひとたまりも無く倒壊したのであろう。それにしても、その中に住んでいた三人の神父は、どうなったのであろうか。死んだか!と、頭をかすめる。外に出たのは私が最初であったから・・・ややして、神父の一人が、血まみれの顔をして出て来た。そして次、そして最後の一人が出て来たが、最後の神父がもっとも重傷であった。這い出ることはできたが、出血激しく顔面蒼白、まったく死人の顔である」(1)

これは、「昭和二十年八月六日広島に投下されたる世界最初の原子爆弾の犠牲となりし人々の追憶と慰霊のために、また万国民の友愛と平和のしるし」(2)として世界平和記念聖堂を建てようと志したフーゴ・ラサール神父さんの被爆体験記です。

1945(昭和20)年8月6日、幟町カトリック教会では、四人のドイツ人イエズス会士が宣教活動に従事していました。

フーゴ・ラサール神父(帰化名 「愛宮 真備」当時47歳)
ウィルヘルム・クラインゾルゲ神父(帰化名 「高倉 誠」当時39歳)
フーベルト・チースリク神父(当時31歳)
フーベルト・シッファー神父(当時30歳)

被爆した十字架や祭具などが、世界平和記念聖堂の正面入口の右奥の洗礼盤が設置してある小部屋に陳列してあります。焼け残った「天主公教会」、「カトリック教会」と刻まれた二本の門柱が、現在の聖母幼稚園入口(※2012年にカトリック会館北側入口に移設しました)に立っています。

(1)「戦争は人間のしわざです(教皇来広10周年記念被爆証言集)」カトリック正義と平和広島協議会編 37頁~39頁

(2)世界平和記念聖堂「聖堂記」

その他の写真

mcwp_20130612-085 mcwp_20130612-086 mcwp_20130612-087

備考

  • 2013年3月30日 旧ホームページより転載
  • この聖堂案内は、「ヒロシマの鐘」に過去掲載された記事です

このページにある写真・イラストの使用(他媒体含む転載・改変・配布・利用等)は下記の範囲のみ許可します

by-nc-sa
  • 表示・・・著作権者名の表示をしてください
  • 非営利・・・非営利の場合のみ使用できます
  • 継承・・・改変等した場合は、付与するライセンスを「表示・非営利・継承」のみで継承しなければなりません

著作権者名はいずれかの表記をお願いします。「カトリック広島司教区」,「平和の使徒推進本部」又は「カトリック広島司教区平和の使徒推進本部」

なお、著作権名(「平和の使徒推進本部」等以外)が表示してあるものはそのまま継承してください。


 

   
  世界平和記念聖堂の被爆した十字架をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月30日
更新日2013年9月9日
閲覧回数1,867 Views
推進・区分世界平和記念聖堂
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-