211 (教会の社会教説綱要,2014年8月7日掲載)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和

キーワード(索引語): 

   
  211 (教会の社会教説綱要,2014年8月7日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

公文書本文

211 (第五章 家庭──社会の生きた細胞  一 最初の自然な社会である家庭 p.182)

聖書のメッセージに照らされて、教会は家庭を、その本来の性質上備わった固有の権利を持つ、最初の自然な社会と見なし、社会生活の中心に据えています。家庭を、「社会における本来の地位から遠ざけて、下級の二次的な役割に追いやることは、社会全体の真の成長に重大な損害を及ぼすことを意味します」。実際、家庭は一人の男性と一人の女性との結婚の上に成り立つ、夫婦の生活と愛の親密な一致から生まれ、人と人との関係の最も根本的な場、社会の基本的な生きた細胞として、その特有かつ本来の社会的性質を持っています。家庭はあらゆる社会秩序の原型として、人間の生活の基盤にある神の望まれた制度なのです。

出典(転載)元

教会の社会教説綱要_web

備考

関連記事

著作権情報

著作権物使用許諾

  • カトリック中央協議会(中央協著承PB第2014-9号)(2014年5月27日付)

注意・禁止事項等

  • 当ページの記事の転載を禁じます(リンクすることは可能です)
  • 記事転載を希望の方は、著作権者である「カトリック中央協議会」に著作権物使用許諾申請してください
  • 教会公文書の自己解釈は誤用につながりますので、聖職者やカテキスタに尋ねてみてください
  • 教会公文書の一部を紹介しています。全文は公文書書籍で確認ください


 

   
  211 (教会の社会教説綱要,2014年8月7日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る