2207 (カトリック教会のカテキズム-第3編第2部神の十戒,2014年7月31日掲載)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和

キーワード(索引語): 

   
  2207 (カトリック教会のカテキズム-第3編第2部神の十戒,2014年7月31日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

公文書本文

2207 (第3編キリストと一致して生きる 第2部神の十戒 第2章「隣人を自分のように愛しなさい」 第4項第四のおきて 2 家族と社会 p.650)

家族は、社会生活の第一の細胞です。夫と妻とが愛においても子供にいのちを与えることにおいても互いに自分を与え合うようにと召されている、自然な社会です。家族内での権威と安定と共同生活とが、社会における自由と友愛との土台となっています。家族とは、幼いころから道徳的価値を学ぶことができ、神を敬い、自由を善用し始める共同体です。家族生活は、社会生活のための学びやです。

出典(転載)元

カトリック教会のカテキズム_web

備考

関連記事

著作権情報

著作権物使用許諾

  • カトリック中央協議会(中央協著承PB第2014-9号)(2014年5月27日付)

注意・禁止事項等

  • 当ページの記事の転載を禁じます(リンクすることは可能です)
  • 記事転載を希望の方は、著作権者である「カトリック中央協議会」に著作権物使用許諾申請してください
  • 教会公文書の自己解釈は誤用につながりますので、聖職者やカテキスタに尋ねてみてください
  • 教会公文書の一部を紹介しています。全文は公文書書籍で確認ください


 

   
  2207 (カトリック教会のカテキズム-第3編第2部神の十戒,2014年7月31日掲載)をはてなブックマークに追加     LINEで送る