世界平和記念聖堂の正面扉(中央)その2

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 第1の柱:平和 / 世界平和記念聖堂

キーワード(索引語): 

   
  世界平和記念聖堂の正面扉(中央)その2をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

世界平和記念聖堂正面の扉の最上部には、翼をひろげた鳩のシンボルがあります。鳩は「聖霊」のシンボルです。

「そのころ、イエスはガリラヤのナザレから来て、ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。水の中から上がるとすぐ、天が裂けて”霊”が鳩のように御自身に降ってくるのを、ご覧になった。」
(マルコによる福音書1章9-10節)

「聖霊」は、すべての生き物にいのちを与える神の息吹です。

「あなたが息吹きを取り上げられれば
彼らは息絶え元の塵に帰る。
あなたは御自分の息を送って彼らを創造し
地の面を新たにされる。」
(詩篇104:29-30)

人間が造った一発の原子爆弾の投下によって、一瞬のうちに廃墟となった広島の町にとって、「地の面を新たにする聖霊」の働きへの信頼は、再生へ向かっての大きな希望のメッセージです。

「これらの骨に向かって、主なる神はこう言われる。見よ、わたしはお前たちの中に霊を吹き込む。するとお前たちは生き返る。」
(エゼキエル書37章5節)

枯れた骨を生き返させる「聖霊」の力は、原爆の犠牲となった人々にとっても、彼らの永遠の安息を祈る人々にとっても、大きな慰めのメッセージです。

「炎のような舌」が鳩から降り注いでいます。「聖霊降臨」の場面を想像させます。

「炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。」
(使徒言行録1章3-4節)

cathedral_20080726-027

「炎のような舌」としての聖霊が弟子たちの上に降り、ほかの国々の言葉を語る恵みが与えられました。

群衆は、「自分の故郷の言葉が話されるのを聞いた」のです。

これは「バベルの塔」によって混乱させられた言葉の再統合であり、新たな共同体の成立を示唆するといわれています。

創世記11章は、人類が「天まで届く塔のある町を建て」自らの力を誇示しようとする計画を、神が言葉を混乱させることによって妨害し、統一が失われたというエピソードを伝えています。

「炎のような舌」は「12」あります。イエス・キリストの12人の弟子の上に降ったのです。

12人の弟子は、神の民を構成する太祖ヤコブの子孫に由来するイスラエルの12部族に対応し、「新しい神の民」を象徴しています。

「鳩」と「舌」の構図は、「新しい創造」と「新しい神の民の誕生」を告げています。

その他の写真

mcwp_20130612-135 mcwp_20130612-136 mcwp_20130612-137 mcwp_20130612-138 mcwp_20130612-139 mcwp_20130612-140

備考

  • 2013年3月26日 旧ホームページより転載
  • この聖堂案内は、「ヒロシマの鐘」に過去掲載された記事です

このページにある写真・イラストの使用(他媒体含む転載・改変・配布・利用等)は下記の範囲のみ許可します

by-nc-sa
  • 表示・・・著作権者名の表示をしてください
  • 非営利・・・非営利の場合のみ使用できます
  • 継承・・・改変等した場合は、付与するライセンスを「表示・非営利・継承」のみで継承しなければなりません

著作権者名はいずれかの表記をお願いします。「カトリック広島司教区」,「平和の使徒推進本部」又は「カトリック広島司教区平和の使徒推進本部」

なお、著作権名(「平和の使徒推進本部」等以外)が表示してあるものはそのまま継承してください。


 

   
  世界平和記念聖堂の正面扉(中央)その2をはてなブックマークに追加     LINEで送る  

文書(ページ)情報

掲載日2013年3月26日
更新日2013年9月9日
閲覧回数1,647 Views
推進・区分世界平和記念聖堂
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-