2022年12月11日 「核なき世界」に向けて私たちに出来ること(報告とパネル討論)-「核なき世界基金」創設2周年行事

カテゴリー(記事区分): お知らせ / イベント / 終了イベント

キーワード(索引語): 
最終更新日:2022年12月13日

※このイベントは終了しています。


「2022年12月11日 「核なき世界」に向けて私たちに出来ること(報告とパネル討論)-核兵器禁止条約締約国会議とNPT再検討会議を受けて」が開催されます。

行事概要

  • 日時:2022年12月11日16:30~(約2時間)
  • 場所:世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)
  • 主催:核なき世界基金

ライブ版フルバージョン

【切り抜き動画】①あいさつ:中村倫明(カトリック長崎教区大司教)

【切り抜き動画】②報告:TPNW締約国会議報告-朝長万左男(核廃絶地球市民集会ナガサキ代表)

【切り抜き動画】③報告:NPT再検討会議報告-川崎哲(ICAN国際運営委員)

【切り抜き動画】④報告:ウィーン(NPT再検討会議)でのカクワカ広島の活動-高橋悠太(カクワカ広島共同代表)

【切り抜き動画】⑤報告:世界の核被害者支援の提言書英訳報告-アナリス・ガイズバート(フリーランス記者、翻訳者)

【切り抜き動画】⑥紹介:カクワカ広島の活動-瀬戸麻由(カクワカ広島)

【切り抜き動画】⑦提案:「核なき世界」に向けて私たちができること-竹峰誠一郎(明星大学人文学部人間社会学科教授)

【切り抜き動画】⑧パネル討論:世界のヒバクシャとともに-登壇者全員

【切り抜き動画】⑨閉会あいさつ(白浜満司教)

プログラム

開会

  • あいさつ:中村倫明(カトリック長崎教区大司教)
  • 総合司会:渡部朋子(NPO法人 ANT-Hiroshima 理事長)

第一部報告

  1. 朝長万左男(核廃絶地球市民集会ナガサキ代表) レジメ:https://bit.ly/3Y5FaBw
  2. 川崎哲  (ICAN国際運営委員)
  3. 高橋悠太 (カクワカ広島共同代表) レジメ:https://bit.ly/3UHkMnq
  4. アナリス・ガイズバート(フリーランス記者、翻訳者)

第二部「世界のヒバクシャとともに」

  1. 瀬戸麻由 (カクワカ広島)
  2. 竹峰誠一郎(明星大学人文学部人間社会学科教授) レジメ:https://bit.ly/3uDgOla
  3. パネル討論

閉会

あいさつ:白浜満(カトリック広島教区司教)

情報元

当日の様子

(写真等提供して頂ける方、電子メール又はデジタルデータにてお願いします)

備考

この記事は

推進本部が見つけた広島教区内外の行事又は世界平和記念聖堂での行事をお知らせしています。

行事の問い合わせは、行事主催者に直接、連絡してください。推進本部では、お答えしかねますのでご了承ください。

「平和の使徒となろう」ガイドライン項目「第2の柱:きょうどう-3.各教会、組織、グループを超えた交流を深め、情報の共有化をはかる」に基づいて提供しています。

news-va

募集中



 

文書(ページ)情報

掲載日2022年12月11日
更新日2022年12月13日
閲覧回数698 Views
推進・区分終了イベント
タグ(索引語)
編集者web管理者(竹内)
次の記事
前の記事