「国際平和デー」にあたっての鐘打(9月21日の正午)のご協力依頼(教区ホームページ掲載分の再掲載:推進事項)

カテゴリー(記事区分): お知らせ / イベント / ミサ典礼・行事・会議

キーワード(索引語): 
最終更新日:2020年9月21日

カトリック広島教区情報サイトに「「国際平和デー」にあたっての鐘打(9月21日の正午)のご協力依頼」が掲載されました。

映像

ライブ版

録画版

国際平和デー日本委員会版

本文

広島教区の皆様へ

広島教区 司教
白浜 満

平和の使徒推進本部 本部長
野中 泉

+主の平和

朝夕だいぶ暑さが和らいできましたが、お変わりなくお過ごしのことと拝察いたします。

さて、9月21日の「国際平和デー」には、例年、ニューヨークにある国連本部において、日本国連協会から送られた「世界平和の鐘」を、現地時間の正午に事務総長が鳴らす式典が行われています。

この度、国連創設75年の節目にあたり、日本宗教連盟から同日(日本時間9月21日12時)全国で、鐘や太鼓などを鳴らし、平和への思いや祈りを共有したいという趣旨が、日本キリスト教連合に伝えられ、同連合として後援することが決定したとの報告が、日本司教協議会にも寄せられました。

この報告を受けて、日本司教協議会の常任司教委員会で検討した結果、各教区の判断で、対応するようにとのお知らせがありました。広島教区としても、小教区に鐘があるところでは、可能な範囲でそれを鳴らし、同時に「お告げの祈り」をささげて、全国の諸宗教団体、とくに、中国五県の社寺、キリスト教諸派の教会と連帯して、平和への思いや祈りを共有したいと考えています。

毎日12時にお告げの鐘を鳴らしている小教区の教会もありますので、このような場合には、普段の通りでいいと思います。もし、通常、正午に教会の鐘を鳴らしていないところでも、21日の正午に、1分程度、鐘を鳴らしていただけないでしょうか。そして、趣旨に合わせて、世界の平和のために、また、新型コロナウイルス感染の終息を願って、現場におられる方々で、一緒に「お告げの祈り」をささげていただければ幸いです。

国際平和デー日本委員会等からの関係資料(2部)を添付しますので、趣旨を小教区の皆様にお伝えいただき、可能な範囲でのご協力を、よろしくお願いいたします。

以上

関連記事

この記事は

「平和の使徒となろう」ガイドライン項目「第2の柱:きょうど-3.各教会、組織、グループを超えた交流を深め、情報の共有化をはかる」に基づいて提供しています。

募集中



 

文書(ページ)情報

掲載日2020年9月14日
更新日2020年9月21日
閲覧回数168 Views
推進・区分ミサ典礼・行事・会議
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事