一日の推進記事のまとめ(2019-07-05)

カテゴリー(記事区分): 教区取組 / 推進本部取組 / 本部推進事項 / 推進事項集

キーワード(索引語): 
最終更新日:2019年7月5日

  • (定期広報)すべての人々に、私はここで預言者の言葉を繰り返します。
    「彼らはその剣を鋤に打ちかえ、その槍を鎌に打ちかえる。国は国に向かいて剣を上げず、戦闘のことを再び学ばない」(イザヤ2・4)
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 00:36:39
  • (定期広報)あの陰惨な一瞬に生命を奪われた、数多くの男女や子供たちのことを考えるとき、私は頭をたれざるをえません。また、身体と精神とに死の種を宿しながら、長い間生き延び、ついに破滅と向かった人々のことを思うときにも、同様の気持ちに打たれるのであります。
    (平和アピールより) 01:36:40
  • (定期広報)
    わたしたち広島教区は、昨年(2013年)、90周年を祝い、100周年に向かって、具体的な目標をたてました。平和をベースに、召命促進・青少年育成(教区予備神学校設立、教区共通教理書作成)、列福列聖(信仰高揚)です。
    (司教メッセージより) 02:36:42
  • (定期広報)平和の使徒推進本部では、主な典礼の写真を提供していただける広島教区民の使徒(奉仕者)を常時募集しています。
    提供していただける方は募集要項に従って応募してください。
    https://t.co/Rpc8MbhdqU
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 03:36:44
  • (定期広報)日本国憲法第9条(戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認)
    ①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄す… https://t.co/PeuOcN3D4O 04:36:47
  • (定期広報)日本国憲法第20条(信教の自由)
    ③国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
    https://t.co/K1rPtIwSZf
    #憲法 #Catholic #hiroshima #平和の使徒 05:36:50
  • (定期広報)神を信じる人々に申します。
    愛を持ち自己を与えることは、かなたの理想ではなく、永遠の平和、神の平和への道だということに目覚めようではありませんか。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 06:36:53
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU

     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 07:00:58

  • 【新着記事】一日の推進記事のまとめ(2019-07-04) – https://t.co/kJ652Xo0Mr

    #推進事項集 07:13:37

  • (定期広報)日本国憲法第97条(基本的人権の由来特質)
    この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。 07:36:54
  • (定期広報)世界平和記念聖堂外観ライブ映像(音声なし)を配信しています。
    興味のある方はどうぞ、ご覧ください。
    https://t.co/CVX0wDqDYQ
    #世界平和記念聖堂 #mcwp #Catholic #hiroshima #平和の使徒 08:36:58
  • (定期広報)この広島でのできごとの中から、「戦争に反対する新たな世界的な意識」が生まれました。そして平和への努力へ向けて新たな決意がなされました。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 09:37:00
  • (定期広報)険しくて困難ではありますが、平和への道をあゆもうではありませんか。その道こそが、人間の尊厳を尊厳たらしめるものであり、人間の運命を全うさせるものであります。平和のへの道のみが、平等、正義、隣人愛を遠くの夢ではなく、現実のものとする道なのです。
    (平和アピールより) 10:37:01
  • (定期広報)教区創立九十周年を機に、乙女峠の殉教者たちの列聖運動を正式に始める。・・・(中略)・・・風まで光って列福を後押ししているかのように感じました。「福者祭百寿までにと風光る」。
    (司教メッセージ(広島教区報93号)より)
    https://t.co/JiVlhh1KGh 11:37:03
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU
     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 12:00:10

  • (定期広報)戦争と核兵器の脅威にさらされながら、それを防ぐための、各国家の果たすべき役割、個々人の役割を考えないですますことは許されません。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 12:37:06
  • (定期広報)これらの、平和行事で共通して言えることは、何といっても、「戦争は絶対にしてはいけない。武器を持ってはいけない。赦しと和解を!」ということではないでしょうか。
    (司教メッセージ「安らかに繰返さぬと終戦日」より)
    https://t.co/jojJgUBSWm 13:37:07
  • (定期広報)神よ、わたしの声を聞いてください。
    わたしはすべての国、またすべての時代において戦争を望まず、常に喜んで平和の道を歩む無数の人々にかわって、話しているからです。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 14:37:08
  • (定期広報)(戦争の)じゅんびがととのうということは戦争開始が可能だということを意味し、されにそれは、あるとき、どこかで、なんらかの形で、だれかが世界破壊の恐るべきメカニズムを発動させるという危険を冒すということです。
    (平和アピールより) 16:37:12
  • (定期広報)平和の使徒推進本部では、リツィートする広島教区民の使徒(奉仕者)「平和の使徒」を常時募集しています。
    奉仕の内容は簡単!
    ご自身が、「これは皆さんに知ってもらいたい福音的な記事(ツィート)だ」と思ったものをリツィートするだけです。 17:37:15
  • お告げの祈り

     祈りのことば https://t.co/THRluMzrpU

     映像 https://t.co/CVX0wDqDYQ

    #世界平和記念聖堂 #Catholic #hiroshima #平和の使徒 18:00:03

  • (定期広報)
    わたしたち広島教区は、昨年(2013年)、90周年を祝い、100周年に向かって、具体的な目標をたてました。平和をベースに、召命促進・青少年育成(教区予備神学校設立、教区共通教理書作成)、列福列聖(信仰高揚)です。
    (司教メッセージより) 18:37:18
  • (定期広報)平和の使徒推進本部では、主日の福音箇所に関連する絵を提供していただける広島教区民の使徒(奉仕者)を常時募集しています。
    提供していただける方は募集要項に従って応募してください。
    https://t.co/JawH0nXvgU 19:37:20
  • (定期広報)過去をふり返ることは、将来に対する責任を担うことです。広島を考えることは、核戦争を拒否することです。広島を考えることは、平和に対しての責任をとることです。
    (平和アピールより)#Catholic #hiroshima #平和の使徒 20:37:22
  • (定期広報)平和の使徒推進本部からのお知らせは、ホームページを含め、各種SNSを利用して発信しています。
    ご自身にあった情報ツールで情報を受信することができます。
    https://t.co/DA5SEMPm1B
    #Catholic #hiroshima #平和の使徒 21:37:24
  • (定期広報)日本国憲法第97条(基本的人権の由来特質)
    この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。 22:37:28
  • (定期広報)正義のもとでの平和を誓おうではありませんか。
    今、この時点で、紛争解決の手段としての戦争は、許されるべきではないというかたい決意をしようではありませんか。
    人類同胞に向かって、軍備縮小とすべての核兵器の破棄とを約束しようではありませんか。
    (平和アピールより) 23:37:30


 

文書(ページ)情報

掲載日2019年7月5日
更新日2019年7月5日
閲覧回数40 Views
推進・区分推進事項集
タグ(索引語)
編集者web管理者
次の記事
前の記事
年間テーマチャレンジ 新しい福音宣教 ~わたしをお使いください~ -教会へのチャレンジ-